シルエット

悪徳商法に騙される前に警察などに無料相談することをオススメします

悪徳商法に合わないために注意することとは

人差し指を立てる女性

悪徳商法というと、とてもイメージが悪く、いろいろな顧客がその被害にあっていると予測されますよね。実際に悪徳商法で被害にあう人は、多大な精神的にも被害をこうむるのですが、その悪徳商法に合わないためにどんなことに注意が必要なのでしょうか。
悪徳商法に引っかかる年代としてはすべての年代がその対象になりますが、最近では特に高齢者の被害が目立ちます。その理由は、やはり情報の不足です。若い世代は、インターネットやスマホなどを利用して、様々な情報を手に入れます。
その過程で最近このような悪徳商法があるという情報を得ることができるのですね。しかしながら高齢者の場合は、新聞やテレビでしかその情報を得ることができないこともあります。また高齢者は、聴力、視力も落ちますし、認知力も落ちるので、情報を得てもそれを記憶する、正しく判断することができないこともあるのです。その結果、悪徳商法に引っかかることがあるのですね。
これらを防ぐために大切なことは、やはり常に悪徳商法というやり方があるということを心得ておくこと。すべてを疑ってかかるのは心苦しいこともありますが、何か新しいものを購入するときや、わからないものを購入するときには、まず誰かに相談をするなどということが大切です。

update contents

Copyright © 2017 悪徳商法に騙される前に警察などに無料相談することをオススメします All Rights Reserved.