シルエット

悪徳商法に騙される前に警察などに無料相談することをオススメします

近年増加傾向にある送り付け商法の対策

ガッツポーズ

私はここ数年、送り付け商法に関するニュースを目にすることが増えました。いきなり購入した覚えのない商品が自宅に届くというのです。高齢者の家にカニなどが勝手に送られることが多いようです。事前に電話でカニなどへの興味を聞き、いきなり送られることが多いようです。
断ったのに送り付けられるケースさえもあるようです。購入の意思がないのに料金を求められるとなると、怒りの大きさは半端ではないことがうかがえます。必ずと言っていいほど最初は誰しもが驚きと恐怖を感じますが、それほど怯えなくてもいいのかもしれません。
何故ならこのように相手が一方的に商品を送ってきた場合、受け取り側が料金を支払わなければいいだけだからです。また、送った側が商品を14日間受け取らなければ受け取り側が破棄できるといったことも耳にしたことがあります。
そうはいってもネットの社会などをよく知らない高齢者の方であれば、強い不安を感じられることだと思います。ご家族の方に報告したり、念のために消費生活センターに問い合わせたりすることで気持ちを落ち着かせることも効果的と言えるでしょう。絶対に強引に買わせる方が悪いといった意識を持ち、法律や周囲の信頼できる方が味方であることを心にとめておきたいものですね。

update contents

Copyright © 2017 悪徳商法に騙される前に警察などに無料相談することをオススメします All Rights Reserved.